観光(史跡・名所)鎌ケ谷の名所・見どころの紹介
1.市制記念公園  6.官軍兵士の墓
2.貝柄山公園  7.魚文の碑
3.鎌ケ谷大仏  8.小金中野牧の込跡
4.日本ハムファイターズタウン鎌ケ谷  9.佐津間城跡
5.観光農園(梨狩り、ぶどう狩り、いもほり)

 

市制記念公園
 
 鎌ケ谷市初富924-6

 新京成電鉄、東武野田線、北総鉄道
 新鎌ケ谷駅徒歩15分。
 
 管理事務所445-0285 駐車場80台

 休日/年中無休

 正面入口を入ると蒸気機関車、その後方に飛行機。バッテリーカー(1回50円)でそのまわりを走ることができます。県内各市の樹が植えられている小道の奥には船を模したアスレチックがあります。
 野球場やテニスコート(共に要予約)では、シーズンには市内大会が目白押し。(問い合わせはスポーツ振興課 TEL444-8585)
 管理事務所の展望台からは走り抜ける北総鉄道の車両を目の高さで見ることができ鉄道マニアにはたまらない。
 桜の季節には、開園時間を延長しています。

貝柄山公園
 
 鎌ケ谷市初富本町2-1474
 
 東武野田線「鎌ケ谷」駅徒歩15分。
 または新京成線「初富」「北初富」駅各徒歩10分

 駐車場30台
 アヒルやガチョウの泳ぐ池のまわりは、四季の変化を楽しみながらのお散歩コースに絶好です。休日の多目的広場には、家族連れがいっぱい。
先頭へ戻る

鎌ケ谷大仏
 
 鎌ケ谷市鎌ケ谷1-5

 新京成線「鎌ケ谷大仏」駅徒歩2分。

 駐車場 なし

 お問い合わせ
 鎌ケ谷市文化スポーツ振興課 047-445-1141

 鎌ケ谷大仏は、小さな大仏です。奈良や鎌倉の大仏のような大きな大仏ではなく、高さが1.8mの目立たない大仏です。
 墓地の中にあるのでさらに目立たない。安永5年に大黒屋(福田)文右衛門が先祖供養のために、江戸神田の鋳物師多川主膳に造らせたものと伝えられています。
 古く「小金道」と「木下街道」が交差する現在の大仏十字路には鎌ケ谷宿があって栄えていました。大仏駅から延命寺までに問屋1軒、旅籠6軒があったそうです。

日本ハムファイターズタウン鎌ケ谷

 鎌ケ谷市中沢459

 東武野田線 鎌ケ谷駅下車2.1km 
 新京成線 北初富駅 下車2.4km
 北総鉄道、新京成線、
 東武野田線「新鎌ケ谷駅」下車3.4km
 北総鉄道 「大町駅」下車3.4km

 各駅よりバス又はタクシー
  (詳細は球団ホームページでご確認
    下さい)

 敷地面積58,024. 71u

 お問い合わせ TEL 047-446-5586
 自然と調和した住みよいまち「緑とふれあいのあるふるさと鎌ケ谷」を都市像に掲げる鎌ケ谷市は、21世紀の鎌ケ谷づくりに向けて諸政策を展開してきましたが、市制20周年を記念して、平成3年10月に「生涯スポーツ都市」宣言をしました。
 こうした中で、市民スポーツに対する夢と情熱をはぐくみ、生涯スポーツ都市のシンボル的存在として”日本ハムファイターズタウン鎌ケ谷”が完成しました。鎌ケ谷市が招致したプロ野球球団の一つである日本ハムファイターズの新グランドです。今後、地域の活性化や鎌ケ谷のイメージアップ、さらには、スポーツの振興に大きく寄与し、市民に愛され、親しまれる施設となり得ると期待されています。
先頭へ戻る

観光農園
 梨狩り(8月中旬〜10月上旬)
 ブドウ狩り(8月上旬〜10月中旬)
 産地直売直送(8月上旬〜)
 気象条件により多少前後することが
 ありますので事前にご確認下さい。
 鎌ケ谷市観光農業組合加盟園
 

 お問い合わせ先
 鎌ケ谷市観光農業組合
 〒273-0195 鎌ケ谷市新鎌ケ谷2-6-1
 鎌ケ谷市役所農業振興課内
 TEL047-445-1141(内)545

官軍兵士の墓
 戊辰戦争の際、官軍の先鋒に加わっていた佐土原藩士たちが鎌ケ谷村大新田で撤兵隊と戦闘し、2名が戦死しました。
 佐土原藩は現在の宮崎県宮崎郡佐土原町にあった藩で鹿児島の島津家の分家にあたります。明治19年に佐土原出身の九兵衛というものが墓標をたてたものが大仏墓地に残っています。

魚文の碑
 松尾芭蕉の流れをくむ三級亭魚文の句碑です。
 「ひとつ家へ人を吹き込む枯葉かな」
 旅の途中、野馬があちこちに見えるだけで人家もわずかばかりの鎌ケ谷原木下街道のうらさびしい情景を歌ったものです。
先頭へ戻る

小金中野牧の込跡
 込は、江戸時代元文年間(1736〜40)に造られた野馬を追い込み、捕らえより分ける捕込(とつこめ)場のことです。
 昭和41年(1996)に、下津谷達男氏を中心に、鎌ケ谷中学の教員、生徒の協力で調査が行なわれ、翌年、千葉県の指定史跡となりました。現在は、土塁の一部が残っているだけです。
 「成田山参詣記」(安政5年)や松戸市の幸谷にある福昌寺に残る絵馬(松戸市立博物館に複製が展示されている)に、野馬捕りの日(年1回)の様子が描かれています。
 野馬捕りの日には、近在から多くの人が集まり、土手の回りには屋台も出て、馬の追い込みを楽しんで見ていたようです。

佐津間城跡
 戦国時代の城跡の一つとされています。当時の房総では、安房の里見氏と小田原の北条氏が対立していました。
 千葉県内には、約600ヵ所の中世城館跡が確認されています。この地域が小金高城氏の支配下にあったことから、手賀沼方面からの敵に備えた高城氏の家臣の居城であったと思われています。
先頭へ戻る
トップページへもどります。